携帯用サイト http://www.ishimoto-foods.co.jp/keitai/index.cgi

トップ|会社案内|新健康野菜加工食品|天然天日塩|天然にがり(農業用にがり)|うこん|商品案内|通信販売|メール

1994年 ISO9002取得
インドネシア マドゥラ島の塩田風景
NHK(日本放送協会)様取材の折、提供させていただいた写真です。↓

太陽と海風だけで結晶化された塩
97年4月の塩専売法廃止により、様々な天日塩が販売され始めました。

弊社の「天然天日塩」は、特殊入浜式製塩法を用い収穫時に塩分濃度・ニガリ成分を調整した、自然のおいしさを大切にした天然天日塩です。
日本で再生加工塩に多く使われる原塩は、海水を1年近く濃縮乾燥した粗放収穫で製造されております。この中には塩化ナトリウム純度が精製塩と同様に高く、食用に適せず主に工業原料に利用されるものも数多くあります。
また、小規模塩田の天日塩では、海洋汚染、流入河川の汚れ等を防除せずに作られているものも数多くあります。さらに、一部の天然天日塩では、ヘルシー性だけを全面に出したり、さも希少商品のようなイメージ付けのもと、異常な高価格設定で販売しているものもあります。
今後、様々な輸入塩が市場に出回るものと思われますが、弊社はグローバルな視点から一物一価、価格に見合った商品だけを提供していきます。
当商品は(ISO9002取得)インドネシア国営公社PT.GARAMにより供給されており、製品企画、技術面でも信頼の置けるパートナーとして日本におけるモノポリー契約によりスタートしております。

 
天然天日塩製造工程
出荷
マドゥラ海 塩田風景 焼塩・粉砕
(水分を除去します)
きょう雑物除去

 



 

天然天日塩と精製塩、再生加工塩との違い

 

精製塩          イオン交換膜製塩法で作られており、塩化ナトリウムの純度は99%以上です。

 

再生加工塩   原塩(塩化ナトリウムの純度の高いもの「オーストラリア・メキシコ産等」)にニガリ成分を加えて、再結晶させたものです。

 

天然天日塩   入浜式塩田法(太陽と海風だけで結晶化した塩)を最終工程において焼き塩にしております。

 


「ミネラルの力を田畑に!」
現代農業(2002年8月号)(2003年8月号)にミネラル関連記事が掲載されております。

(天然天日塩商標登録証↓)

天然天日塩 1kg×20ヶ入
商品代金8,640円(消費税・送料1,080円を含む)


できたてホヤホヤ天然天日原塩 5kg
お使いになられる場合、この原塩には10%以上の
水分が含まれておりますので水分をとばして
(鍋などで煎って)ご使用下さい。
商品代金4,800円(消費税・送料1,080円を含む)
「食」の安心・安全を強力にサポートします。 私共では、この天然天日塩が
NHK(BSビジネスライン)朝日新聞(1998.5.16)、毎日新聞(1997.8.4)、高知新聞(1997.7.25)他 多くのメディアでもとりあげられました。これこそ「ほんもの」「安心」の天然塩です。


天然天日塩 25kg(焼塩)
商品代金8,640円(消費税・送料1,080円を含む)



天然天日塩 バラ売り
 5kg(焼塩)

商品代金5,000円(消費税・送料1,080円を含む)

※焼塩原塩には、大自然の中で収穫、そのままを焼き、粉砕し食塩としておりますので多少のきょう雑物が含まれております。


天然天日塩分析表

成 分 平均検出量
塩化ナトリウム 96.6%
水分 1.08%
マグネシウム 0.38%
カルシウム 0.12%
カリウム 0.13%
硫酸イオン 1.11%


待ってました!!公取さん!!

2004年7月21日
公正取引委員会、塩販売9社に対し景品表示法違反の恐れがあると警告した。 メキシコ・オーストラリア産(精製塩の原料)をさも再加工地で生産したかのような表現で販売していた。

※まだまだ日本人の90%が精製塩・再生加工塩・天然天日塩の区別がつかないのが現状です。 これも塩専売法が長く続き、消費者に塩・にがりの情報が伝わっていないのが原因だと、つくづく思います。



  ご注文はこちらから



登録しています